大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 歯の破折について

活動レポート

歯の破折について

歯の治療をしていて、大きいものから置いていても問題の無い小さい破折まで、よく見かけます。

歯の破損

原因のよく分からない痛みの原因が、歯の破折であったりということはよくあり、
破折は、折れ方によってはレントゲンやCTでもよく分からなかったりすることもあるので、
治療をしてみて初めて分かることもあり、診断に困ることもあります。

写真の歯には、髄床底といわれる歯の底に写真の左から右に破折している線が見受けられました。
この歯は、この破折線が直接の原因ではなかったのですが、
拡大して治療していると大なり小なりこのような歯の中のヒビをよく見かけます。

このような歯の破折が生じないようにするには、
まずは歯の質をできるだけ守ることで、
そういう意味で、虫歯や神経の治療をしないでいいように、
自分自身で自分の歯を磨くことができるようになるブラッシング含めた予防が非常に
大切になってくるんだと思います。

自分自身でブラッシングができるようになり、
これから過ごす10年と出来ないまま過ごす10年では、かなり違うと思います。
ブラッシングも、最初はなかなか習得するのに時間がかかりますが、
自転車が乗れるようになると、乗り方を忘れないのと一緒で、
ブラッシングも習得すると、そうそう忘れるものではありません。
一緒に頑張っていきましょう。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。