大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 1回目の神経の治療の大切さについて

活動レポート

1回目の神経の治療の大切さについて

初診時
歯周病治療
治療後1年
重要性

 
治療前のレントゲンに示している様に赤色で囲んでいるところが、過去に神経の治療をした歯の根の先に
膿がたまり、骨が溶かされているところになります。
神経の治療は、家でいうと基礎工事のようなもので、非常に大切になってきます。
神経の治療は、治療直後に治療の結果が分かるのではなく、
数か月・数年たってからトラブルが生じてきます。
1回目の神経の治療により、本当に歯の寿命も変わると思います。
 
この歯の根の先が壊れており、状態は良くなかったのですが、
黒い影が小さくなってきているのが分かるかと思います。
神経の治療は、再治療になると、治る確率はガクッと下がってしまいます。
逆に、1回目の神経の治療をきちんと行うと、治る確率は非常に高いです。
1回目の神経の治療をきちんと行うことで、
将来、トラブルが起こる確率を大幅に下げることが可能です。
神経の再治療で治らない場合は、歯根端切除という手術が必要になったり、
歯の中の状態によっては、抜歯を行わなければならなくなってしまいます・・・。
治療を行っていて、1度目の治療が非常に大切だと実感しています。

BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。