大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 再治療にならないために

活動レポート

再治療にならないために

治療前
再治療にならないために
治療後
治療後

 
普段の診療で、過去に治療した歯が再び虫歯になったり、根の先に膿がたまったりして、再治療が必要となる歯をよく見かけます。歯は、何度も治療することが出来ません。
 
治療を繰り返すたびに、残っている歯の量はどうしても少なくなってしまい、
結果抜歯をしなければならなくなってしまう歯を多数みてきました。
 
下が歯周病の治療、神経の再治療などを行い、治療を終了した状態です。

再治療しなくていいように、精度の高い治療を目指すことはもちろんですが、当院では、口の中の健康を維持していくために、患者さん自身の普段のブラッシングが非常に重要と考えています。そのため、当院では本格的な治療にうつる前に、ハブラシの改善や歯周病の治療を優先して行っています。

歯を守るために非常に重要なことですので、ご理解いただけると幸いです。

BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。