大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 基本的な歯周病治療の重要性

活動レポート

基本的な歯周病治療の重要性

初診時
基本的な歯周病の治療後

 
上の写真は、当院に初めて来られた時の状態です。
下の写真は、当院での基本的な歯周病治療を行った後の状態になります。
初診時は、赤かった歯茎が、
ある程度健康なピンク色に変化していることがよくわかるかと思います。
これから本格的な歯周病治療が必要ですが、
本格的な治療を始める前に
ある程度炎症のとれた歯茎にしておくことは、非常に大切です。
家を建てる時に、基礎工事をしっかり行うと思いますが、
歯も一緒で、歯茎が基礎だと思っていただくと、分かりやすいかと思います。
粘土の上に家を建てても長持ちしないのと一緒で、
歯も基礎である歯茎や根の治療をしっかりしていないと、
その後の治療も長持ちしません。
その為、当院では緊急性のある痛みを除く治療以外は、
歯周病の治療をまずは優先させて行っております。
ご理解いただけると幸いです。

BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。