大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 歯の治療後の経過観察

活動レポート

歯の治療後の経過観察

歯の治療前のレントゲン
歯の治療後の経過観察

赤の矢印で示されている黒いところは、
歯の周りの骨が、溶けてしまっている部分になります。
初めて来られた時は、膿が出たり、歯が動いていたり、
歯周ポケットと言われる歯と歯茎の境目の溝も
かなり深い状態でした。
経過観察中のレントゲン
歯の治療後の経過観察

まずはブラッシング指導を行い、歯茎の治療を行い、金属の土台を取り除き、
神経の治療をもう一度やりなおして、仮歯にて数か月経過を見たレントゲンとなります。
緑の矢印で示すように、歯の周りが白くなってきてるのが分かるかと思います。
まだ完全ではありませんが、
失われた歯の周りの歯周組織の再生が、促されていることが推測されます。

正直なところ、治療に対する反応には、その病態の進行や個人差もあり、
当院では、残せるか残せないかボーダーラインにある歯に関しては、
できるだけ残すような治療をして経過観察を行い、その後を決めることもあります。
そのため、治療期間も長期になることもあります。
インプラントやブリッジなども、歯が残せなくなった場合に素晴らしい治療法だとは思いますが、
自分の歯に勝るものはやはりないのかなと。
残せるか残せないかのボーダーラインの歯の、
残る見込みがたった時は、やはり嬉しいものですね。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。