大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | MTAセメントを用いた歯根端切除後2年7ヶ月

活動レポート

MTAセメントを用いた歯根端切除後2年7ヶ月

治療前の赤い線で囲まれた部分が簡単に言うと、骨が溶かされている部分で、
状態の余り良くない部分になります。

MTAセメント治療前


様々なことを総合的に考えて、
MTAセメントを用いた歯根端切除術という手術を行ったのですが、
手術後2年7ヶ月後のレントゲンで、
緑の線で囲まれている部分が小さくなってきているのがわかると思います。
MTAセメント治療後

歯の周りに骨が再生してきていると思われます。
これから経過をしっかり追っていく必要はあるかと思いますが、取り合えず一安心です。
 
どんな治療も一発勝負ですが、
特に、歯を残せるか残せないかの瀬戸際の治療の経過が
いい方向に向かうとホッとします。
 
インプラントや入れ歯、ブリッジなど様々な治療法が存在しますが、
やはり自分の歯に勝るものはないので、
出来るだけ歯が保存できるような方向で、治療を行っていけたらと思います。
 
治療後の状態を把握するためにも、
衛生士やドクターによる定期的なメンテナンスは、欠かすことはできません。
治療が終わったら終わりではなく、
その状態をできるだけ長期に維持するために、これから始まると思っていただけると幸いです。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。