大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | なかなかわかりにくい治療

活動レポート

なかなか分かりにくい治療

【治療前】
歯の治療前

咬むと痛みがあるという主訴で来院された患者さん。
【治療後】
高槻駅前歯医者の治療後

治療終了後。
【神経の治療途中】
治療後

患者さんの訴えから歯にヒビが入っていることなどが考えられましたが、
今回は、幸い歯の中に大きなトラブルはなく、神経の再治療を行うことで、咬む痛みも改善していきました。
 
歯は、治療するたびに少なくなり、何度も治療できません。特に、過去に神経の治療をしている歯に関しては、自覚症状がなくても、中でヒビが入ったり、穴があいたりといった深刻なトラブルが起きている可能性があります。

しかも、再治療になると、治癒する確率はガクッと落ちてしまいます。そのため、まずは治療をしなくていいようなお口の中の状態に、仮に治療をしないといけない場合は、1度目の治療をしっかりすることが、歯を長期的に維持するために非常に大切なことだと感じています。
 
それがなかなか難しいのですが・・・・。
できることをコツコツとやっていきたいと思っています。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。