大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 全顎的に歯周病の治療を行い4年目の経過観察

活動レポート

全顎的に歯周病の治療を行い4年目の経過観察

【治療前】

初診パノラマ

治療前は、お口の中全体が中程度~重度の歯周病にかかった状態で来院されました。赤の矢印で示すように、歯の周りの黒くなっているところが、歯周病により骨が溶かされているところになります。また、水色の丸印で示しているところは、親知らずになります。そのうち、左側は上下とも骨の中に埋伏している状態でした。

4年後パノラマ

水色の丸印で示した3本の親知らずの抜歯を行い、ブラッシング指導や歯の深いところについている歯石を除去し、その後、必要な部位に歯周組織再生療法を行いました。緑の矢印で示すように、治療前は黒く歯の周りの骨が溶かされていた部分が、白くなっていることが分かるかと思います。
 
失われた骨を含めた歯周組織の再生が起きていることが、推測されます。歯周病の治療を含めた歯の治療後の反応は、どうしても個体差があります。極端に言うと、うまくいく場合もあれば、残念ながら思っていた治療効果が得られない場合もあります。

もちろん、僕たちは治療がうまくいくように努力はするのですが・・・・。
 
病状が人それぞれ違うため、全ての人に同じ治療効果を獲得することは難しいのが現状です。ただ治療の効果を維持安定できている患者さんに共通していることがあります。それは、普段から毎日のブラッシングによりお口の中が清潔に保てているということです。
 
この患者さんも歯周病にかかっていたため、非常に磨くのが難しい部位があるにもかかわらず、3ヶ月に1回の定期的なメンテナンスを欠かすことなく来ていただき、毎回清掃状態も非常に良好な状態で維持してくれています。
 
治療をして終わりではなく、治療してから治療した効果を維持するためにも普段の患者さん自身によるブラッシングが非常に重要になってきます。そのため、当院ではブラッシング指導のために何度か来院していただくこともあるかと思いますが、ご理解いただければ幸いです。

BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。