大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 歯茎の移植

活動レポート

歯茎の移植

歯茎の移植

上の写真は、きついブラッシングや咬み合わせなどが複合的にからみ、
歯ぐきが下がってしまい、本来は歯ぐきに覆われているはずの歯の根が
赤の矢印で示すように、露出してきてしまい、
知覚過敏(しみる症状)が生じたこと患者さんです。
歯茎の移植

歯ぐきの移植を行ってから、1か月後くらいの写真になるのですが、
上の写真のように、露出していた歯の根が
緑の矢印で示すように、歯肉に覆われているのが分かるかと思います。
隣の歯の歯ぐきの状態などによっては、
この手術があまり適応症ではない場合もありますが、
歯ぐきがさがり生じた知覚過敏などには、効果が非常に高いです。
もちろん審美面(見た目)の改善を獲得することにも、つながります。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。