大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 歯石の除去を行いました

活動レポート

歯石の除去

歯石の除去

赤の矢印で示しているものが何か分かりますでしょうか?
これは、歯茎の深いところについてしまった歯石になります。
そのままにしておくと、歯の周りの骨が溶けてしまい、歯周病が進行してしまいます。
厄介なのが、ほっておいても、痛いなどの自覚症状が出にくいため、
いつのまにか進行してしまいます。

歯石の除去

これが、除去した歯石になります。
歯ぐきの上についている歯石を除去する必要もありますが、
歯茎の深いところに歯石が付着してしまった場合は、
それも取り除かなければ、徐々に歯周病が進行してしまうため、
当院では、まず歯茎の状態を整えるため、このような歯石を複数回に分けて除去していきます。

こういった基本的なことを少しづつ積み重ねることが、
長持ちする治療へとつながっていくのだと思います。
そのため、当院では、歯石の除去だけで複数回通っていただくこともあるかと思いますが、
ご理解いただけると幸いです。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。