大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 歯根端切除術の治療後の経過観察

活動レポート

歯根端切除術の治療後の経過観察

歯根端切除術の治療後の経過観察

左『治療前』
右『治療後1年7ヶ月』
治療前の赤い線で囲まれた部分が簡単に言うと、骨が溶かされている部分で、
状態の余り良くない部分になります。
様々なことを総合的に考えて、
MTAセメントを用いて歯根端切除術という手術を行ったのですが、
1年7ヶ月後のレントゲンで、
緑の線で囲まれている部分が小さくなってきているのがわかると思います。
歯の周りに骨が再生してきていると思われます。
これから経過をしっかり追っていく必要はあるかと思いますが、取り合えず一安心です。

どんな治療も一発勝負ですが、
特に、歯を残せるか残せないかの瀬戸際の治療の経過が
いい方向に向かうとホッとします。

インプラントや入れ歯、ブリッジなど様々な治療法が存在しますが、
やはり自分の歯に勝るものはないので、
出来るだけ歯が保存できるような方向で治療を行っていけたらと思います。

治療後の状態を把握するためにも、
衛生士やドクターによる定期的なメンテナンスは欠かすことはできません。
治療が終わったら終わりではなく、
その状態をできるだけ長期に維持するために、これから始まると思っていただけると幸いです。

BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。


 

根の治療後の経過観察
歯は何度も治療できないので、再治療となるとどうしても状態は悪くなってしまいます。


ホワイトニング
歯の変色には様々な理由があり、ホワイトニングはその理由にあったさまざまな方法があります。


治療後のメンテナンス
歯周病やインプラント治療後の3か月後にメンテナンスをさせて頂いています


CTと拡大治療の重要性
当院では、複雑な神経の通り道をしている歯の根管治療には
CTを撮影させていただくことがあります。


MTAセメントを用いた歯根端切除
どんな治療も一発勝負ですが、特に、歯を残せるか残せないかの瀬戸際の治療の経過がいい方向に向かうとホッとします。


歯の破折について
破折は、折れ方によってはレントゲンやCTでもよく分からなかったりすることもあるので、
治療をしてみて初めて分かることもあり、診断に困ることもあります。


ミクロな骨の再生
歯周病により失われた骨の再生について。



歯ぐきの移植
知覚過敏や審美面での改善につながります。



歯周組織の再生
適切なブラッシングは、治療の効果を長持ちさせるために非常に重要なものです



歯の分割
歯を残すために、銀歯を外し、根の治療を行ったり、歯を分割したり、
歯周病の進行も認められたため、歯周組織再生療法を行いました



歯根端切除術の治療後の経過観察
どんな治療も一発勝負ですが、
特に、歯を残せるか残せないかの瀬戸際の治療の経過が
いい方向に向かうとホッとします。


日々の歯磨きの大切さ
当院では、治療が終了した患者さんには、定期的なメンテナンスを受けて頂いています。



歯石の除去を行いました
歯茎の深いところについてしまった歯石



再治療の難しさ
歯ぐきの治療も、根の治療も一度人の手が加わると、
治療の成功率はどうしても落ちてしまいます。



歯の治療後の経過観察
治療に対する反応には、その病態の進行や個人差もあり、
当院では、残せるか残せないかボーダーラインにある歯に関しては、
できるだけ残すような治療をして経過観察を行い、その後を決めることもあります。



神経の通り道
治療するたびに、歯は少なくなりもろくなってしまいます。
そのため、歯は残念ながら何度も治療することはできません(特に神経の治療)。



歯周病組織再生治療
近隣の歯医者さんから紹介を頂き治療を行った患者さん



歯の治療が何度もできない理由
歯が何度も治療できない理由についての説明です。


MTAセメントを用いた歯根端切除前後
歯が何度も治療できない理由についての説明です。