大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 歯の神経の通り道

活動レポート

歯の治療後の経過観察

『歯の治療前』

 
歯の神経の通り道
治療前
治療前には、歯の根の先に黒い影が認められます。
簡単に言うと、歯の根の周りの骨が溶けている状態です。

『根の治療終了直後』

歯の神経の通り道
 
根充直後
通常、下の前歯の神経の通り道は1本のことが多いのですが、時々2本あることがあります。
この歯には2本神経の通り道があったため、
2本ともできる限りきれいに治療を行い、根の治療を終了した時のレントゲンになります。

『数か月の経過観察後』

 
歯の神経の通り道
根充後
数か月間、仮歯と仮の土台で経過観察を行った後のレントゲンになります。
治療前の黒い影が小さくなっているのが、わかるかと思います。
改善傾向であったため、治療も次の段階に。

治療するたびに、歯は少なくなりもろくなってしまいます。
そのため、歯は残念ながら何度も治療することはできません(特に神経の治療)。
神経の治療は、基本的で目立つ治療ではありませんが、非常に大切です。
できるだけ、やり直しのない治療ができたらと・・・・・それがなかなか難しいのですが。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。