大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 1回目の神経の治療の大切さについて

活動レポート

1回目の歯神経の治療の大切さについて

【治療前】

歯神経治療の大切さ
歯神経治療の大切さ


治療前は、赤の矢印で示すように、
歯の周りの黒いところが骨の溶かされたところになります。
歯周病でも、歯の周りの骨は溶かされてしまいますが、
歯の神経の治療後に細菌がたくさん残っていてもこのように歯の周りの骨は溶かされてしまいます。
 

【治療後】

歯神経治療の大切さ
歯神経治療の大切さ

1年5カ月後1年5カ月後左下7番
神経の治療から1年半後のレントゲンです。
緑の矢印で示すように、黒かった部分が
白くなり歯の周りの骨が回復してきていることが示唆されます。
予定であれば、歯周病の手術を行う予定であったのですが、
患者さんの希望もあり、手術は行わず、
歯周病に関しては、基本的な治療のみ行いました。
今回、幸いにも治療に反応を示してくれ、骨が回復傾向ですが、
歯は治療のたびに少なくなり、状態がどうしても悪くなってしまいます。
理想的には、1度目に再治療をできるだけしなくていいような治療をすること、
できれば虫歯や神経の治療をしなくていいような予防が一番大切であると感じています。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。