大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 神経の再治療とインプラントについて

活動レポート

神経の再治療とインプラント


 

赤の矢印で示すように、右下に歯がない状態で、残っている歯も割れてしまっていたため、保存することが難しい状態でした。

緑の矢印で示すように、左下は根の先まで骨が溶けている状態で、膿が出てきているような状態でした。

 
治療後の状態です。
赤の矢印で示しているところは、インプラントで咬合を再建しました。緑の矢印で示しているところは、歯周病の治療や神経の再治療を行い、レントゲンで歯の周囲の骨が回復していることを確認後、治療を終了しました。
 
歯は治療するたびに少なくなってしまいます。特に、神経の治療は何度もやり直すことで、歯の強度がドンドン落ちてしまい、将来的に、歯が割れてしまう等のトラブルで、歯を残すことのできない状態になってしまいます。

1回目の神経の治療をできるだけ、きっちり行うことで、歯の寿命は全然変わってきてしまいます。
インプラントや歯周病の再生療法などで、かみ合わせを回復させたり、失われた骨を回復したりすることが可能になってきていますが、自分の歯そのものよりいい治療があるわけではなく、歯を治療しなくていいように予防することが一番大切で、治療が必要になった場合は、1度目の治療をできるだけしっかり行うことが、自分の歯を守っていくために非常に大切なことと考えています。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。