大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | ホワイトニング

活動レポート

ホワイトニング

歯の変色の原因には様々な理由が

歯のホワイトニングには、その理由に合ったさまざまな方法があります。

ホワイトニング
 
神経を抜いた歯の変色により審美的問題を生じている歯は、
従来補綴的(かぶせて直すこと)処置により審美性の回復を図ることが多かったと思います。
しかし、エナメル質(歯の表面の無くなると再生しない組織です。)が多く存在している場合では、
ホワイトニングがより保存的な手段となりえます。

全ての場合に適応になるわけではありませんが、
歯質を切削せずに審美性(色調)の改善が図れるホワイトニングの
持つ意義は少なくないと思います。

黄色の矢印で示しているのが、当院でのホワイトニング前の歯で、
緑色の矢印で示しているのが、当院でのホワイトニング後の歯になります。

ただ白ければいいわけではなく、
個人の個性に合った天然歯の色調が、一番きれいだなと思います。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。