大阪高槻駅前片岡歯科紺屋町診療所

HOME | 治療例 | 根幹治療と症例

活動レポート

根管治療と治療例

根管治療とは

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。しかし、この根管治療(歯の神経・根の治療)は実はかなり難しいのです。なぜなら、根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、しかも細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあるからです。

歯の治療は本来とても時間と手間がかかるものです。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。

根管治療(歯の神経・根の治療)の治療期間

「歯医者に行ってるのに直らない!」というのは、多くの場合この根管治療です。

細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたりクラウンをかぶせてしまうと、後々トラブルが出てきて大変な思いをすることになるので、根管治療は非常に重要な治療です。

いつまでたっても直らない場合には歯が割れていたり、歯根の形が非常に複雑だったりする可能性もあり、抜歯になったり根の先を切る手術(歯根端切除術)が必要になることもあります。

治療器具・用具

専門的なものになりますが、当院での技術参考にご覧ください。

ラバーダム防湿

ラバーダム
ラバーダムは、治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。また、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

protaper

プロテーパー

プロテーパーはニッケルチタンで出来た超弾性の根管拡大用ヤスリです。

スーパーエンドβ

スーパーエンド

緊密に樹脂を充填するためのもの

ルーペ

ルーペ
ルーペ

6倍の拡大鏡を常に使用しています。

臨床症例

根幹治療例

治療前は歯の根の先に黒い影がありますが
治療後にはなくなっているのがよくわかると思います

根管治療例

患者さんには目に見えない治療ですが、
歯の根の治療というのは歯の寿命を決める非常に大切なものとなります。

根管治療例3
本来ある歯の根の形通り治療することは簡単なようで、意外に難しいものです。
 ただ、このような治療をしっかりすることでその歯の寿命が変わってきます。

根管治療例4

・示してあるように治療前の病巣(黒い影)が治療することにより消失しています。
 しっかり治療することにより大きな病巣も治療可能です。

根幹治療例5
根幹治療例6

神経の治療を最初にきちんとすることがその歯の寿命を決めると言っても過言ではありません。
BACKNUMBER
歯科治療例根管治療
根管治療

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。片岡歯科では歯を抜かずに治療をする事を突き詰め続けています。


歯科治療例歯周病
歯周病治療

歯ぐきから血が出る、口臭が気になる、歯がグラつくような症状の方は歯科医師にご相談ください。


歯科治療例CR治療
CR治療

できるだけ歯を削らずに虫歯を治す治療法です。


審美歯科治療例
審美治療

自由診療である審美歯科は、歯科医師が持っている技術を最大限に活用して、歯周病インプラント治療などを使った患者様に合わせた治療がでできます。


総合的歯科治療例
総合的な治療

インプラントや歯周病治療などでお口の中全体を治療した治療例です。


インプラント歯科治療例
インプラント治療の方針

インプラント治療は審美治療の延長線です。


 

根の治療後の経過観察
歯は何度も治療できないので、再治療となるとどうしても状態は悪くなってしまいます。


ホワイトニング
歯の変色には様々な理由があり、ホワイトニングはその理由にあったさまざまな方法があります。


治療後のメンテナンス
歯周病やインプラント治療後の3か月後にメンテナンスをさせて頂いています


CTと拡大治療の重要性
当院では、複雑な神経の通り道をしている歯の根管治療には
CTを撮影させていただくことがあります。


MTAセメントを用いた歯根端切除
どんな治療も一発勝負ですが、特に、歯を残せるか残せないかの瀬戸際の治療の経過がいい方向に向かうとホッとします。


歯の破折について
破折は、折れ方によってはレントゲンやCTでもよく分からなかったりすることもあるので、
治療をしてみて初めて分かることもあり、診断に困ることもあります。


ミクロな骨の再生
歯周病により失われた骨の再生について。



歯ぐきの移植
知覚過敏や審美面での改善につながります。



歯周組織の再生
適切なブラッシングは、治療の効果を長持ちさせるために非常に重要なものです



歯の分割
歯を残すために、銀歯を外し、根の治療を行ったり、歯を分割したり、
歯周病の進行も認められたため、歯周組織再生療法を行いました



歯根端切除術の治療後の経過観察
どんな治療も一発勝負ですが、
特に、歯を残せるか残せないかの瀬戸際の治療の経過が
いい方向に向かうとホッとします。


日々の歯磨きの大切さ
当院では、治療が終了した患者さんには、定期的なメンテナンスを受けて頂いています。



歯石の除去を行いました
歯茎の深いところについてしまった歯石



再治療の難しさ
歯ぐきの治療も、根の治療も一度人の手が加わると、
治療の成功率はどうしても落ちてしまいます。



歯の治療後の経過観察
治療に対する反応には、その病態の進行や個人差もあり、
当院では、残せるか残せないかボーダーラインにある歯に関しては、
できるだけ残すような治療をして経過観察を行い、その後を決めることもあります。



神経の通り道
治療するたびに、歯は少なくなりもろくなってしまいます。
そのため、歯は残念ながら何度も治療することはできません(特に神経の治療)。



歯周病組織再生治療
近隣の歯医者さんから紹介を頂き治療を行った患者さん



歯の治療が何度もできない理由
歯が何度も治療できない理由についての説明です。


MTAセメントを用いた歯根端切除前後
歯が何度も治療できない理由についての説明です。